真言宗豊山派総本山
西国観音霊場第八番

長 谷 寺

奈良県桜井市初瀬

hasegate01.jpg (44319 バイト)


いくたびも参る心は  はつせでら 山もちかいも深き谷川

(花山天皇御詠)


   初瀬山(はせさん)の中腹に建つ長谷寺は真言宗豊山(ぶさん)派総本山
として末寺三千余寺を数える西国三十三ヵ所第八番の札所です。
朱鳥元年(686)道明上人が天武天皇のおんため銅板法華説相図を西の岡に
安置、神亀四年(727)徳道上人は、聖武天皇の勅を奉じて東の岡に
十一面観世音菩薩をまつられた。


仁王門(重文) 登 廊(重文)
snow11.jpg (32058 バイト) snow12.jpg (36492 バイト)

長谷寺の総門、額は後陽成天皇の御辰筆。
楼上に十六羅漢、両脇に仁王像を安置。
初めは平安時代、その後幾度か火災にあい、
現在のは明治18年(1885)の再建.。

参道の石段の上を屋根で覆った登廊。  
108間、399段、回廊形式。仁王門をくぐると、
遠近法の絵を思わせるような石段が、
つづら折れして本堂へと案内してくれる。

本堂・本尊十一面観世音菩薩(重文)

   本堂は舞台造り、南面入母屋造本瓦葺の大殿堂で、間口柱間九間・奥行五間の
  正堂、九間・四間の礼堂の南に更に五間・三間の外舞台がある独特の建築。
  現在の本堂は慶安三年(1650)徳川三代将軍家光公の寄進により再建されたもの。

   本尊十一面観世音菩薩は御身の丈・三丈三尺六寸(10m余り)、光背四条一尺
  (約12m余り)、楠の霊木で造られている我が国最大の木造仏で、現在の御本尊は
  天文七年(1538)仏師・東大寺仏生院実清良寛の作と伝えられている。
  右手に錫杖と念珠、左手には蓮華を挿した水瓶をお持ちの、方形の石の上に立つ
  独特のお姿で、これは観音・地蔵の御徳を併せ持った、世に長谷観音と称せられる
  御尊像で、慈悲の深さを表している。 <長谷寺公式サイトへ>


五重塔の塔 外舞台から眺める五重塔
snow18.jpg (51355 バイト) snow16.jpg (39710 バイト)

外舞台から遠くに見えていた五重塔。

   礼堂の南側にある外舞台は、京都の清水寺の
   舞台のように崖に迫り出した舞台造りになって
   おり、ここからの眺めは絶景です。


l

<長谷寺:更新記録> タ  イ  ト  ル

撮 影 日

更 新 日
■ 雪の冬ボタン  2000年1月27日  2000年3月20日
■ 長谷寺の桜  2000年4月13日  2000年5月7日
■ 長谷寺の牡丹  2000年5月4日  2000年5月21日
■ 長谷寺のあじさい  2000年6/22,7/4  2000年7月30日
■ 長谷寺の紅葉  2000年11月30日  2000年12月4日
■ 長谷寺の桜(’01)  2001年4月7日  2001年 5月4日
■ 長谷寺の紫陽花(’01)  2001年6月21日  2001年6月21日
■ 長谷寺の紅葉・14年  2002年11月13日  2002年11月13日
■ 一月の長谷寺  2003年1月14日  2018年4月17日
■ 長谷寺・雪化粧2003  2003年1月29日  2003年2月4日
■ 長谷寺・雪化粧2003(その2)  2003年1月29日  2003年2月9日
■ 初夏に咲く花〜長谷寺の牡丹  2003年4月29日  2003年5月12日
■ 雨に煙る長谷寺の桜・2005年  2005年 4月12日  2005年6月9日
■ 雨に煙る長谷寺の桜・2005年  2005年6月22日  2005年6月9日
■ 雨にしっとり長谷寺の紫陽花・2005年  2005年6月22日  2005年 6月25日
     
     
     

TOP 作品メニュー