能登川、彦根の雪景色・2005年
〜湖国最後の雪の思い出〜

(撮影日:2005年3月13日)


日曜日の朝、起きたら外は雪景色。で、主人と二人撮影会に出かけました。
(サムネイル画像:クリックすると800×600ピクセル。戻る時はブラウザの「戻る」)

寒かったです。

最初は晴れていたのですが、

あらま、雪が降ってきました!

←少し離れたところから遠望

鳥さんたちが

自由に動いています。

能登川の水車エリア
水車の横の道路にも

雪が積もり始めました。→

↑雪が枯れ枝を

美しく彩ります。

しっかし寒い〜!

< 一番近い、琵琶湖の湖岸に出ました >

近江八幡方面 琵琶湖の対岸 雪のラインはスキー場かな?
この湖岸の側は整備されて駐車場も作られていました。完成したのかな?
近江八幡方向を少し大きく 湖岸の砂浜にも雪 寒さに負けず元気なカモ達

〜それから彦根方面へ進みました〜

荒神山の麓の公園。看板に曽根沼という文字が書いてあったので曽根沼公園かな?(単純な発想)

荒神山の頂上の鉄塔 沼の水と山と雪
積もった雪があるのに、日差しがキラキラとして暖かくなってきました。雪解け・・・春の足音。

ここでも枯れ枝の雪がきれいでした。常緑の木がアクセント。

また雪が降ってきました!

枯れ枝の雪景色に見とれていると、またもや雪が降ってきました。

この三日後、主人の大阪転勤の話を聞きました。
全く予想してなかったのでビックリしたというより、ただただ唖然・・・。
3月31日の引越しに向けて、部屋の荷物の撤去作業が始まりました。ヽ(;´Д`)ノ  


本館・大和路紀行 近江路紀行 更新記録 掲示板